ジャカルタでアパートからコス(KOST)に引越してみた

もう1ヵ月以上前のことになりますが、引越しをしました。

現在2015年11月ですので、10月頃のことです。

 

ジャカルタでは、外国人・駐在員はセキュリティ付きの住居に住むのが普通ですが、

最近はコスに住んでいるという方にお会いする機会が増えてきました。

他にも、私がジャカルタに赴任した2013年はほとんど20歳代や30歳代はおらず、

50歳、60歳代の方がほとんどでしたが、今は20歳代や30歳代の方が増えているように感じます。

また、日本人女性も以前はほとんど見かけませんでしたが、今は多く見かけるようになりました。

そういった背景もあってか、コスに住んでいるという方を何人も知っていました。

 

さて、ジャカルタのアパートは基本的に会社が契約しているアパートに駐在員が住むケースが多いようですが、

その契約はほとんどが最低1年の契約になっています。中には数か月からの契約を行えるケースもあるみたいです。

 

また、家賃も値上げの一方で(郊外のエリアは値下げがあるという話も聞きますが・・)

一ヵ月換算10万円を超えるのが普通です。ホテルのレジレンスなどは20万円を超えます。。

 

このアパートというのは、日本でいうとタワーマンションのイメージですね。

セキュリティがいて、プール・ジム完備というところがほとんどです。

中にはサウナがついているアパートもあります。

 

日本と同様に不動産会社もありますのでご参考下さい。
不動産投資などもサポートされているようです。

http://www.maisonmap.com/

 

少し脱線してしまいましたが、私が引っ越したのはこちら!

kost1

 

スティアブディというエリアにある『west mansion』

お値段約5万円(電気水道代込)しかも洗濯もしてくれます!

セキュリティも常時いるので安心です。

日本人の方も何人かいらっしゃるみたいです。
男性はもちろん、女性もいらっしゃるみたいです。

kost2

 

駐車場スペースもあり家族で住んでいる方もいます。

kost3

 

4階建てでエレベーターもあります!

 

部屋もきれいです!アパートとかわりません。
少しちらかってますが・・こちらです!
IMG_2377

お湯もしっかり出ますし、トイレももちろん水洗です。
IMG_2376

IMG_2375

 

しかも素晴らしいのは立地で、市内中心部のスディルマンやタムリンにも徒歩圏内です。

私の職場はスディルマンですので、以前アパートに住んでいた際の車通勤の渋滞のストレスもなく快適な毎日です。

欠点があるとすれば、ジムとキッチンがないことです。。

最近は野菜をとれるレストランも増えてきたので問題ないですが、どうしてもという方はアパートの方をオススメします。

他にもスティアブディには沢山コスがあります。

値段もピンキリなので、もしかしたらプールやジム付きのコスもあるかもしれませんね。

引越し前に部屋をのぞくこともできますのでご興味ある方は是非!

ジャカルタの生活・治安情報 記事一覧はこちら クリック


スポンサーリンク

オススメ記事はこちら♪

(Visited 2,540 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です