格安SIM 楽天アンリミテッドの申し込みをしてみた!

日本に帰任して最初に行ったことの一つが携帯電話の申し込みですが、
ちょうどWEBやテレビで楽天モバイル(楽天アンリミテッド)の広告を目にすることが多かったです。
海外駐在中も格安SIMには興味があったこともあり、料金プランや利用可能端末・エリアなど調べた結果申し込むことにしました。申し込んでみた体験談を紹介します!

 

海外赴任から日本に帰任した際の体験も記事にしておりますので、ご興味ある方は下記ご閲覧頂けると幸いです。

『海外からの日本に帰任したらすべきこと8選』 の記事はこちら

 

 

格安SIM 楽天アンリミテッドの申し込みをしてみた!

 

1.  格安SIM 楽天アンリミテッドを申し込んだ理由

私自身は日本に帰任するまでインドネシアのジャカルタで約7年間生活していたこともあり、

そもそも電話番号って必要?!と考えていた人間でした、、、

 

電話を行うことはほとんどなく、電話が来るのは顧客からの緊急連絡かよくわからない営業電話くらい、、、

身近な人たちとの連絡はLine、Facebookメッセンジャー、Whatsupが99%でした。

ですので、仕事での電話は必要かもしれないが、プライベート電話は不要と考えていました、、、

 

しかし、何を利用するにも電話番号が必要になります、、、

例えば郵便を出そうと思っても電話番号の記載が必要ですし、流行りのメルカリを利用しようと思ってもSMSで認証を受ける必要があり電話番号が必要でした。。

 

・・と言うことで、電話番号が取れたらいいかな?くらいで携帯番号の取得を行うことにしました。

色々と比較している間に、格安SIMにすることを決めました。

ここは、、単純に大手3キャリアの利用代金が高額すぎると感じたためです。

携帯代金などを含めると大手は月に1万円程度、しかもデータ制限があり、妻が良く文句を言っています、、

 

他社の格安SIMとも比較してみたのですが、楽天モバイルの楽天アンリミテッドより安価なプランはありました。

キャリアによっては月に1000円程度というキャリアもあります。

 

楽天モバイルもアンリミテッド以前は他の格安SIMプランでデータ制限有のプランがあったようですが、

現在は受付が終わっており、楽天アンリミテッド一択となっております。

私が申し込みをしたタイミングでも同じで、楽天アンリミテッドのみでした。

 

下記は数ある格安SIMの中でも楽天モバイル 楽天アンリミテッドに決めた理由です

1. 大手の料金よりも安い(他の格安SIMよりは高いが容量が無制限)

2. 300万人1年無料、楽天ポイントが大量にもらえるキャンペーン中だった

3. 楽天モバイル申し込むと楽天ポイントの付く率が上がる

4. 楽天モバイルの支払いで楽天ポイントがもらえる

5. 楽天ポイントで通信代を支払うこともできる

 

 

2.  楽天モバイルの利用可能端末・エリア

 

ほぼほぼ楽天モバイルで申し込みを決めたものの、気になるのは利用可能な端末やエリアです。

 

端末に関しては、iPhoneにするかアンドロイドにするか迷っていました。

性能と値段と比較して、コスパ最強のOppoにしました。

購入前に10分ほどiPhoneや他機種と再検討しましたが、Oppoを購入することにしました。

 

購入したOppo端末は『Oppo Reno A 128GB』です!

6GBのRAM,128GBの容量で税込み約3万8千円でした!

 

Oppoは日本ではあまり知られていませんが、世界的にはサムスンに次いで有名なのでは?と思います。

特にアジアでは利用している方も多く、値段の割に性能が良く、私も日本からの出張者などが安価なSIMフリー端末が欲しいと言った際に、Oppoを紹介していました。

 

因みに楽天モバイルの利用可能端末ですが、アンドロイドでなくiPhoneでも利用できるようです。

下記に詳細がございます。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/byod/?l-id=top_product_byod

 

次にエリアですが、楽天が凄い金額を投資しているだけあって、都内はかなりの割合で楽天回線でカバーされていました。

パートナー回線も含めれば、普段使いには問題ない方が多いのではないでしょうか?

(パートナー回線は通信制限があります)

https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/?l-id=top_0501_others_area_02

 

私の住んでいるエリアも楽天回線のエリア内でしたので、

端末・エリアも問題なく申し込みを進めることにしました。

 

 

3.  楽天モバイルの申し込みに必要なもの

さて、申し込みを行うためには、もちろん必要書類があります。

具体的には下記となりますが、一つずつ私がどうしたかご紹介します。

・本人確認書類

→ 運転免許証 や パスポート、健康保険証が対応しています。

私はパスポートと補助書類として住民票を提出しました

(他にもマイナンバーカードや障がい者手帳なども提出可能なようです)

・クレジットカード、銀行口座など

→ こちらは皆さまお持ちとは思いますが、私はこのタイミングで楽天カード・楽天銀行の口座を開設しました。

申し込みのタイミングでは間に合わないので、後に切替えました

・楽天モバイルMNO回線対応機種端末

→こちらは上記でご紹介した端末 Oppoを同時購入しました。

・MNP予約番号(他社からのお乗り換えの方のみ)

→私は新規で申し込みましたが、現在他社携帯をご利用の方は、

電話番号をそのままご利用頂く為には必要な準備ですね。

 

・楽天会員IDとパスワード

→お持ちでない方は作成しましょう。

 

楽天モバイルの申込みに必要なものが準備できたらいよいよ申込みです。

 

4.  お得な申し込みや購入のタイミング・実際にかかった時間

・申込みのタイミング、携帯端末の購入日

申込み・購入のタイミングは楽天のお買い物マラソンにあわせました。

お買い物マラソンとは楽天のキャンペーンの一つなのですが、いくつかのお店で買い回りをすることで、

ポイントが最大10倍となります。(実際には元々1倍は付くので9倍)

さらに『0』か『5』の付く日は楽天カードで買い物すると+5倍、楽天市場のアプリから購入するとさらに+0.5倍など、あっという間に15%程度のポイントなら得ることができます。

 

このお買い物マラソンを利用し、携帯電話の他にも携帯電話の保護フィルムなどの付属品、欲しかった本などを購入しました。

 

・申込み、購入してからSIMや端末が届くまで

端末は購入してすぐに届きました。SIMカードは約1週間程度で届きました。

届いたSIMカードを携帯に差し込むとすぐに利用ができましたが、

サービスを利用する上で楽天モバイルやLinkと呼ばれる通話アプリなど各アプリのインストールをオススメします。

とは言え、アプリのインストールや設定はすぐに終わるので、基本的にSIMが届いた当日に使用できます。

 

5.  実際に使ってみて

私は東京に住んでおりますが、今のところ全く問題はないです。

実際に格安SIMを利用している方にヒアリングもしてみましたが、他社の格安SIMでLineの通話がつながらない・遅れて通知される などという声も聞きましたが楽天SIMに関しては私のまわりでは問題なかったです

 

最後に、楽天モバイルですが、紹介を受けて申込みをすると2,000円分のポイントが頂けます。

身近に楽天モバイルを利用されている方がいない場合は、よろしければ私のIDをご利用頂ければと思います。楽天ポイント2,000円分が頂けます。

現時点で300万人を対象とした1年間無料キャンペーンも行っているようです。

ID:2020040700487

楽天モバイルサイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

いかがでしたでしょうか? もし参考になりましたらコメントなど頂けると嬉しいです。

 

 

 

スポンサーリンク

オススメ記事はこちら♪

(Visited 138 times, 1 visits today)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です