カンボジア旅行・観光 体験記~シェムリアップ編~

こんにちは! 昨年のレバラン(断食明け大祭)のことですが、

連休を利用して、以前から興味のあったカンボジアに4泊5日で観光に来ました。

最初の2泊3日をプノンペンに滞在し、その後の2泊3日はシェムリアップに滞在し、

世界遺産アンコールワットをはじめ、トゥームレイダーの撮影地となったことでも有名なジャッジメントテンプルなどアンコール遺跡を巡りました。

カンボジア旅行・観光 体験記~プノンペン編~ はこちら

 

シェムリアップは観光地だけあって、プノンペンとは雰囲気が随分異なり、

日が暮れて夜になっても、街が賑わっており、治安は比較的良さそうでした。

 

 

カンボジアと聞いてイメージするのは、クメール・ルージュの大虐殺の歴史と世界遺産アンコールワットのあるシェムリアップですが、カンボジア プノンペン・シェムリアップの市内・観光名所を巡ってきました。

さて、それでは観光情報をおりまぜて体験記を記載させて頂きます♪

 

カンボジア旅行・観光 体験記~シェムリアップ編~

私がプノンペンからのバスでシェムリアップに到着した際も、

既に7時を過ぎていて、真っ暗でしたが、ホテルにチェックインしてから出かけることができました。

こんな感じで街も明るいです♪

 

到着早々でしたが、シェムリアップの観光名所の一つパブストリートに出かけ、

クメール料理を食べたあと、クラブで一杯飲んで帰りました笑

・パブストリート

・パブストリートのレストランで食べたクメール料理の食事と焼き海老&イカ

焼き海老が美味しかったです笑

・パブストリートのクラブ

外国人が多かった・・・

 

アンコール遺跡観光はお手軽 (笑)

アンコール遺跡の観光ツアーは、ホテルで前日に申し込みもでき、

朝、ホテルで待っているとこんな感じでトゥクトゥクが迎えに来てくれて専用で案内してくれます。

そのままアンコール遺跡に入るための入場チケット売場に連れて行ってもらい、

チケットを買うと、いよいよ世界遺産アンコール遺跡観光の始まりです♪

・チケット売場

※チケットは$37でした

 

世界遺産アンコール遺跡巡り!

世界遺産アンコール遺跡と言えば、いやシェムリアップと言えばアンコールワットと言うくらい、

アンコールワットのイメージがついてますよね。

 

しかし、シェムリアップには、アンコール・ワットの他にも素晴らしい遺跡の宝庫なんです♪

 

特にバイヨンのあるアンコール・トムや

トゥームレイダーの舞台となったことでも有名なジャッジメントテンプルは

神秘的な雰囲気があり一見の価値ありだと思います。

 

12世紀~15世紀頃にアンコール王朝があり10万人ほどが暮らしていたと言われていますが、

こんなに大きな規模で都市が存在していたと思うと景色が異なって見えてきます。。

 

アンコール遺跡群のたくさんの遺跡を先ほどのトゥクトゥクでまわります☆

 

 

・アンコールトム遺跡 バイヨン

・ジャッジメントテンプル

 

 

いよいよアンコールワットへ♪

そしていよいよアンコール・ワットへ!

※アンコール・ワットの説明については、既に多くのサイトで紹介されていますので、

ここでは割愛させて頂きます。

 

 

湖にある大きな遺跡・・・一目見た瞬間に心が躍りました笑

小さなころから、名前だけは知っていたアンコール・ワット、、恐らく世界で一番有名な仏教遺跡

ついに自分の目で見れるんだな と、見ただけで既にちょっとした感動がありました笑

 

アンコール・ワットの中に入るには湖からアンコール・ワットにかかる桟橋を渡ります。

 

そして、中に入ると、、広い!!

広場が大きな公園のようですww

遺跡に入ると、象形文字の壁が並びます

遺跡感がすごいです・・

 

 

塔を登ることもこともできます。

すごく急な階段です・・登るよりも降りるときが怖かったです・・・

 

 

遺跡からの帰り道にはお猿さんもいました笑

人間慣れしていて、全然逃げる様子もありません、、

 

 

レッドピアノでトゥームレイダーを楽しむ♪

パブストリートにある アンジェリーナ ジョリー がトゥームレイダーの撮影中、

通っていた(何度か来た?!)ということで有名な the Red Piano で最後の夜を〆ました☆

 

お店はとても多くの人で賑わっていて、大きなバイクがあったりオシャレな雰囲気でした♪

窓際の席ならパブストリート ビュウを楽しめます

このお店、名物カクテルがあり、その名も『Tomb Raider Cocktail

普通に美味しいです♪

他にも何品か注文しましたが、カンボジア滞在中、一番食事を楽しめました笑

 

・サラダ

・ポークチョップ

 

因みに、レッドピアノに行くまでは、夕方に早めの夕食を食べマッサージに行きました

アンコール遺跡観光後でしたので、たくさん歩きましたしね・・笑

・カンボジア(シェムリアップ)の名物らしい鍋

ワニやサメのお肉もあります・・

・マッサージ

パブストリート沿いにいくつかあります。手頃です笑

 

 

そして、5日目の最終日です♪

最終日は朝からシェムリアップからプノンペン行きのバスに乗り、

また5時間の田舎道を通りプノンペンの空港に向かいます☆

 

シェムリアップでもバスはホテルまで迎えに来てくれて、バスの中も行きと同様快適でした♪

$10でこれだけの移動とクオリティはすごくお得です笑

 

 

 

因みに、ホテルは2つ星のローカルホテルに泊まりましたが、
シャワーのお湯も出て、水洗便所でトイレットペーパーもありました。朝食も付いてます☆

多くを求めなければ、一泊2千円程度の宿でも、(旅慣れている方なら)大丈夫だと思います♪

 

レバラン連休期間でしたが、航空券とホテル、現地移動費全部合わせて5万円しないくらい。
格安です!

ジャカルタにもいくつか旅行会社があるので、ジャカルタ発のツアーもこちらでお申し込みが可能です。
HIS: http://www.his-jkt.com/
パンダバス: http://www.pandabus.com/jkt/

カンボジアのシェムリアップは、世界三大仏教遺跡のアンコールワットがあることもあり、

遺跡を巡る観光をしながらも、歴史とエネルギーを感じることができる都市でした♪

 

旅行・観光情報 記事一覧はこちら クリック


スポンサーリンク

オススメ記事はこちら♪

(Visited 50 times, 1 visits today)

2件のコメント

  1. はじめまして!インドネシア語検定で検索してたどりつきました。過去記事も楽しく読ませて頂きました♫

    カンボジア、行ってみたいです!ワニやサメも食べちゃうとは、衝撃でした。

    1月にC級D級試験を同時に受けられたとのことでしたが、いかがでしたか?!

    1. コメント記載ありがとうございます!
      カンボジアはもっと発展していないと思っていましたら、思っていたよりもずっと発展していて素敵な国でした♪
      プノンペンとシェムリアップでも全く雰囲気が異なるので、それも面白いですwwインドネシアもバリとジャカルタと違いますしね・・
      インドネシア語は残念ながらC級は落ちてしまいました。D級は受かりましたが同時受験ということもあり凄い疲労感でした笑

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です